お酒飲んで~

◆Switching?! 2nd! volume 03 桜田悠の場合

レーベル: milky chain
CV: 柏木誉
シナリオ: 落合海
イラスト: みっこ
2016年10月発売

登場キャラ:
桜田悠

32歳、穏やかで包容力のあるカフェの店長。面倒見がよくみんなのお兄さん的役回り。数年前に脱サラして立ち上げたカフェ「かぜまち」。今ではカレーが評判の人気店になったが、本人は甘党。

 

いきなりセカンドだしもう夏でもないですけど、もうすぐ柏木さんの新作が出ますので今日はこちらの感想を。

うーーー
だんなさんの理想像だ~~~
うらやま!(* ´ ▽ ` *)

セカンドではヒロインと結婚して、夫婦でカフェを経営しています。相変わらずイケメン店長さんとして注目されがちですが、本人はそういう目で見られるのが苦手で取材の依頼も断ってしまうタイプ。(お店の宣伝のチャンスとしてはもったいない限り!)

ヒロインは元はカフェに来ていたお客。でも悠さんのことなんてまったく意に介さずひたすらカレーの味に夢中で、その姿に逆に悠さんも惹かれ、気になって追いかけたくなった…ってのが馴初め。半同棲状態の二人がカフェを営業する様子を描いたのが第1弾。

セカンドは結婚後で、かつ夏がテーマなので夏祭りで出店をしたり花火を見たりのシーンも出てきます。でも基本は変わらず日常系。二人の仲良しっぷりをのほほーんと眺める感じ。安心して聴けます^^

新婚さん風味も出てますね、銭湯(梅の湯)行って神田川とか。風邪を引いた時もそれはもう甲斐甲斐しくお世話してくれます。とことん優しい。

悠さんのスイッチ(=お酒)、かわいすぎですね…! ふだん面倒見がよくて穏やか~に妻を甘やかしてる人が、ここぞという時お酒を飲んで泣き上戸になっちゃうんですよね。

私は冒頭から「早くお酒飲んでー!」と思いながら聴いちゃう派です。。ほんと、お酒が入るとナイスなヘタレっぷりなのです。「聞きたいことがあったら俺が酒飲んでるときに聞くといいぞ。何でもかんでもうっかり口滑らせちゃうから」と、だいぶ出来上がった状態で言うシーンがすごく笑えます。たぶんヒロインにも笑われてます。

柏木さんの酔いの演技! こんな絡まれ方なら嫌だと思う女の人はいないよな~~ってくらい、かわいい潰れっぷりです。

いちゃいちゃシーンは2回入ります。通常版とスイッチON版で。通常版もセリフがなかなかいやらしいんですけど、スイッチ入った後だとちょっと、いやけっこう自分の欲望に忠実になっちゃうところがいいですね。第1弾のスイッチで味をしめてしまったのかな。いつもは妻を思いっきり甘やかしたい派で、「かっこわるい姿見せたくない」「俺のキャラじゃない、照れくさい」と抑えてることを、お酒が入ったときだけ頼んじゃうのがGOODです。

あ、でもどうなんでしょう? そう思うの私だけですかね?? もちろん甘やかされるシチュも嬉しいですが、個人的には行為シーンに限らず「与えられる」よりも「与える」、「癒される」よりも「癒す」ヒロインの方が好みなので、ついついそう思っちゃいます。 でもなかなかそういうタイプがいなくて。日々そんなヒロインちゃん求ム!です(って話逸れてる)

いずれにせよ、この作品は両方楽しめる構成になってるので二度オイシイですね。

 

コメントはお気軽にどうぞ!

CAPTCHA