その恋のはじまり方After vol.1 三沢夕貴

※2017.12.22 追記あり。
※2018.12.1 記事微修正


 

その恋のはじまり方After vol.1 三沢夕貴

レーベル: milky chain
CV: 河村眞人
シナリオ: 七瀬みお
イラスト: しぐれ
2017年12月20日発売

登場キャラ:
三沢夕貴

28歳/シェフ
交際から2年の時が過ぎようとしている今、『自分の店を持つ』という夢を叶える決心をした夕貴。記念日を大切にし一緒に過ごそうと提案しアナタをリードする。ただ、独りよがりになってしまうこともたまにあり…

 

アフター! アフター!

まずこのジャケ絵~~。頬を赤らめております。そんでちょっぴり斜めに傾いております。るんるんかい。この夕貴さんすごい幸せそう。幸せオーラすごい。手に取ったときの喜びハンパのうございました!

 

 

さて本編から2年後の夕貴さん。前より少し声が落ち着いて低くなってます。爽やかポジティブな雰囲気は相変わらず。

現在28歳。前作で「いつかは自分の店を持ちたい」と発言していましたが、ついにその目標を実現させることに決めたようです。冒頭、今の店をやめ新たなレストランを開く決意をヒロインに伝えます。ちなみにヒロインちゃんは大学を卒業して社会人になっています。

トラック1から早くもクライマックスのような。すごくいいムード。さすがアフター! 夕貴さんの真剣な独立宣言と、それを祝福するヒロイン。「いずれは君の店にもなるところだから...」って、そうか。そのうち結婚してお店で一緒に働く計画なんですね。

将来の話をしていい雰囲気になり、その流れのままトラック2で早速いちゃいちゃ。初っ端から愛情レベルMAXです。

というわけではい、甘くて熱っぽくて優しくて、リップ音も吐息も喘ぎも何もかも死角のない、CV河村さんによるいちゃいちゃらぶらぶシーンでございますよ!!

 

…………あれ?

……………………

………………………………うわ、あ。

 

なんとなくですが…

河村さんの色気が進化してませんか……?

水っぽさが今までより3割増になってるような気がいたします。リップ音。リップ音が。最初からとんでもなくえちいです。吸う音も。耳責めもなんだか湿度が増して破壊的ないやらしさになってます。少なくとも私はそう感じました…。色っぽいのはもともとですけど直近の作品(カフネとか)でもここまでだったかしら~。それとも「夕貴さん」だから特別そう表現されてるのでしょーか?

それからこの、声の震えの臨場感。一体どうしちゃったのこの生々しさ。なんなんですかこれは。甘くて優しくて、しかも激しい。プレイの内容が激しいんじゃなくて、吐息の熱量が。気配だけでとても色っぽくて「激しい」と思えるんです。そう思ったの私だけでしょうか??

夕貴さん、ヒロインちゃんのことが本当に大好きなんだな~と。うん。愛情がすごく伝わってきます。

…素晴らしすぎてなんかうまく言葉が出てこないなあ。

夕貴さんといえばドキッとするようなセリフをしれっと爽やかに吐く人。アフターでもそれは健在でした。ライターの七瀬さん、行為中のそういう言葉選びがお上手ですよね。シンプルなのに濃いセリフ。間近で囁かれると効果絶大なやつ。

たとえば。

糸引いた」とか。

うん、二本いれちゃった」とか。

トドメは極まったところでの「リミッターとっくに振り切れた」ですかね。…いや振り切れてんのこっち!!

 

そんなこんなで今の職場を去る準備をしつつ、新しい店の物件探したり備品手配したりの開業準備であわただしくなった夕貴さん。

忙しい合間を縫ってヒロインちゃんと記念日デートで遊園地に行ったりもします。遊園地は本編のリベンジですね! 二人で観覧車に乗り、いつかは子供が~とか(子供発言に対する照れたリアクションもきゅん)、実質プロポーズだねとか会話して、依然甘々な雰囲気。

ですがここでも「もっともっと頑張るから」発言が。

冒頭からチラチラ「頑張るよ。とにかく頑張る」「早く独り立ちしたい」「早く一人前にならないと」等々発言していたんです。そんなふうに頑張りすぎが続いたせいか、デートの後、いつしかだいぶお疲れモードになってしまいます。声も張りがなくしゅんとしてきます。ヒロインちゃんには悟られぬよう「忙しいけど大丈夫」「毎日充実してるから」と笑顔で言いながら。

疲労が重なりとうとう体調崩してしまって、そこでヒロインちゃんに「一人で頑張りすぎないで私やまわりの人を頼って」的な言葉をかけられ、ようやく夕貴さんはハッと気がつくわけです。心配かけまいと無理することが逆に心配をかけるのだと。“パートナー” としての彼女にもっともっと頼ってよいのだと。

自分じゃそんなつもりなかったけど、人に甘えるのが苦手だとしたら、性格かな

それに、君が好きだから。自分のことよりまず君のことを考えちゃうっていうか

これすごく腑に落ちました。以前の感想で夕貴さんについて『癖がないようで一癖ある』『誠実なのにどこか捉えどころがない』『積極的に見えてかすかに一歩引いている』とか書いたのですが、あ~そうか。甘え下手だったからなんですね。つらくても頼れないタイプだったんですね。一見ごく爽やかで屈託ない性格だけど、知らず知らず自分の中で周囲への接し方にブレーキかける部分もあったわけですね。本編のあの言葉足らずによるすれ違いも、夕貴さんのそういうところから来ていたのだと思えばより納得です。

それじゃキャラ設定の “独りよがり” ってそういう意味だったわけですか。てっきり何かちょっとしたことで夕貴さんが先走ってヒロインとプチ喧嘩でもするのかと思ってました。その手の軽めの展開を思い浮かべてました。が、もっと真剣なハナシじゃないですか。

でもそれ独りよがりって言いますかね? 甘え下手のことを独りよがりとは言わないんじゃないかなあ。「弱音を吐かない」とか「一人で解決しようとする」とか「自分でも気づかぬうちに頑張りすぎる」ってことですよね? 恋人との将来を考え、初めて自分の店を持とうと決心して一人でいろいろ奔走してるうちにパンクしてしまったことを独りよがりだなんて言いたくないぞ(私は)!!

 

とにもかくにも、ヒロインちゃんの労わりによって気づきを得た夕貴さん。その後しばらく休養をとって無事回復。

頑張りすぎの俺に歯止めをかけてくれたの、本当に感謝してる。ありがとう

と穏やかな調子で伝えて、お礼のキスからそのまま2回目のシーンへ。

まあ言いたいことは1回目とだいたい同じで、やっぱりその、あの、その。大変いやらしいです。

でも2回目の方が、静かなのにますます熱を帯びて、息づかいだけでいろんな感情が伝わってくるような。本当に完璧。完成されています。

あっっそうです! ここに来て初の、ヒロインちゃんからのシーンが来たですよ! 一瞬でもいいから責められる夕貴さんの声を聴きたかった。はい、望みが叶いました。一瞬ですけど。どうも本当にありがとうございました!!(この変態発言)

座位でキスしながらってのも大好きです。最も糖度が高いのではなかろうかと思います。ううう、まったくもって言うことなし…

最後、掠れた声でポツリ「なみだでてる」のつぶやきで聴いてるこちらはとうとう爆発四散しました。

それにしても河村さんのリップ音が絶対進化してると思うんですけど…。どうしてあんなに色っぽいのか(まだいう)

 

 

は~~。なんかもうどーしようもなく好きです夕貴さん。Afterだから当然ですが、特にストーリーがあるわけじゃない、シンプルなイチャ甘。なのにどうしてここまで惹かれるのか。あまり聴きすぎるとバチが当たりそうな。そう思い始めました。

公式HPの河村さんの収録インタビューがすごくすごく素敵で何度も読んじゃいます。

あとミルチェンさん、SEが一つ一つ丁寧だし、音響もよくて好きだなと改めて思いました。

はああ、満腹です。とても後味よろしゅうございました。

 

聴いた直後ゆえいつも以上に悪筆乱文になっちゃいました。特典については公式&ステラ版まとめて後日改めて追記しますね♪ (※追記多すぎブログです)

けどどーせまたこのテンションでずらずら書き殴るだけになりそうなので先にお詫びしておきますm(_ _)m

最後にこのなんともカワイイSDで締めます。ただ貼りたいだけです。画像多くて申し訳ないです。しかしほんとかわゆいぜ…

 

 

 

 


 

 

【追記】 2017.12.22

そんなわけで特典感想ですっ(‘Д’)/

今回ははっきり色を分けてきた印象ですね! 静かにゆっくりがお好きな方はステラ版、ちょっと激しくがお好きな方はオフィシャル通販がよいのではないでしょーか。

共通して言えるのは、どっちも熱っぽい。何度もしつこく言ってしまいますが、相変わらず「熱っぽい」の一言でした。

 

ステラワース特典『オープン前夜』

いよいよレストランオープンを明日に控えた夜。緊張のせいか寝つけない様子の夕貴さんとヒロイン。

1回だけしたらほどよく疲れて眠りにつけるんじゃ…との夕貴さんからの提案で、ヒロインの体に唇オンリーで触れるところからスタート。

最初の「甘えていいんでしょ? 甘えさせてよ」。この言い方! この言い方が個人的なハイライトでしたよ! コトが始まる前からすでに ゴファッ!!!(どうも些細なニュアンスが素敵すぎていちいち反応してしまいますね;) そうですよ、どんどん甘えていいんですよ夕貴さんっ!

…でも、あら。甘えるどころかやっぱりいつもどおり甘やかしてる感じでしたね。むしろサービスしすぎなくらい。いや彼にとってはそれが “甘える” ってことなのかな。。とにかくヒロインちゃんのこと可愛がりすぎです、まったくもう^^

この特典聴いて第一に思ったのは「夜だなあ…」でした。

声色がひそやか。深夜の空気感に満ちてました。間のとり方のせいでもあるのかな。セリフやリップ音のテンポが、公式特典と比べて全然違うのがわかります。こんなにも違いを作れるものなんだと感激したほど。でも体温が上昇するようなドキドキ感もちゃんとあって。あとあの体位もSOOOO GOODだと思います!

 

 

公式特典『君は俺のもの』

ザ・ヤキモチ編!

すでにオープンした夕貴さんのレストランにヒロインが会社の同僚を連れて食事をしに来ます。同僚から、会社でヒロインがモテてるとの情報を耳にした夕貴さん。帰宅後二人きりになってヤキモチを発動します。

嫉妬ってほどではなく、“ヤキモチ” がちょうどいい感じです。むうっとした夕貴さんに甘くイジメられちゃいますぞ★

ああ~~それにしても王道のヤキモチいちゃいちゃ~~っ! 首から始まり背中までアトつけられまくりですぞ~~! かなり強めに吸われたり、その他いろいろ、いろいろですぞーーー!!

へえ~ぇ、脇も弱いんだ。ほーんとどこもかしこも感じるんだね。ん ふ ふ ふ ッ

↑この笑い方が妙にツボです。聴くたびにくすくすしちゃうぜ。

君をこんなに感じやすくしたのは誰だっけ?」からの優しい言葉責めもよきですなあ^^ 夕貴さんだからぜんぜん意地悪くないイジワルですね。あとあの舐め音。舐めながらの「どうぞ」もよかった。ど、どうぞって! 背中にきつくキスを浴びせるのも強烈に色っぽい~。(あんなに吸って酸欠にならないかしら)

こういうの聴くと河村さんの演技ってSもすごく似合うんじゃないかと思ってしまいますね。

 

蛇足ですがコトが済んでから夕貴さんの念押しセリフ「もし誰かにしつこく迫られたりつきまとわれるようなことがあったらすぐ教えてね」…

え、坂上上司とかですか?

 

 

 

特典は前作もAfterも個人的な好みとしては公式版に軍配が上がった…かな。もちろんどれも好きでヘビロテ確定ですけど!

河村さんはAfterでもとにかく「夕貴さん」でした。このキャラクターにすごくハマってると思います。ひたすら日常系の甘いシーンのみなのに、こんなにいろいろなえろえろを見せられるものなんですね。改めて感激でした。台本とすごく噛み合ってる感。一つも同じパターンにならないのがすごい!(以上、身も蓋もない感想文でした)

 

13
  1. あめ より:

    ●拍手返信
    >こばさん
    こんにちは^^ わあ、記事読んでくださったんですね! しかもメッセージまでありがとうございます!!

    こばさんも同じポイント刺さりましたか!!(*´▽`*) よかった、私の独りよがりじゃなかった(笑) やっぱりいつも以上に声に熱がこもってた気がしますよね! なんてクオリティ…。動揺しちゃいましたねっ

    そう、ケンカでもするのかと思いましたよね~! そしてちょっとそれ期待していたり。。なので、「そんな一人で弱らないで夕貴さん(T_T)」と勝手に悲しく…。とはいえ弱った声もまた萌え!(オイ)

    えっっ!なんと! 引っ越し前から来てくださってたんですか~~! もう、めちゃくちゃありがたすぎます…。その節は申し訳ありませんでした。またこうして読んでいただけてるなんてすごく嬉しいです。こちらこそいつもありがとうございます。

    シチュCD歴半年ちょいですか^^ きっといろいろ聴き込まれてるんでしょうね~。推し作品とかあったらこばさんもぜひ教えてくれませぬか! 私もまだまだ知らない作品いっぱいありますゆえ!(来年はもっと幅広く聴きたいです)

    おおっ しかも愛玩人形も! あの辺の時代お好きですか?? 異色系だし、ちょっと昔の作品ではありますが、大丈夫そうでしたらぜひ! そして私も他の巻の記事も書きたくなってきたのでそのうち書きますーっ

    丁寧なメッセージ本当にありがとうございました。こんなふうに読んでくださってるなんて…と感激でした。やる気出ました! またいつでも遊びにきてくださいませ。そしてぜひオススメ教えてくださいね!!(しつこい)

Comment