BBB-Traplip- TYPE.2 美容師

※2018.10.19. 記事微修正


 

 

首筋のほくろ2コがよき…

 

BBB-Traplip- TYPE.2 美容師


レーベル:sankaku label
CV:山中真尋
シナリオ:七原みさ
イラスト:まちや真智
2018年7月25日発売

公式サイト

登場キャラ:
緒沢隼人

 

やまなかさんの、やまなかさんのシチュCDですよううう(T∀T)

付き合ってはいけないとされる3B(+1)との恋がテーマの本シリーズ、第2弾は美容師編です。キャストコメントで「初のダミヘ」とおっしゃっててちょっと笑っちゃいました(ご本人も笑ってたけど)。嬉しいですね^^

sankakuさん、音周りがめちゃくちゃよいです。EM2Recordの系列だそうで。声がちかーい。耳が幸せすぎたのだ~~。SEも細やかで種類豊富。足音や雑踏やヒロインの反応音(と私は呼んでる)その他日常音もろもろ適切で、大げさじゃなく感激の極みでした。

そういえば第4弾の情報がやっと出ましたね。最後のBは『バカ』だそうです(CV土岐さん)。バカって職業かいな!! 買うけど。

 

本作とてもよかったと思います。大枠は既視感のあるお話。シンデレラストーリーっぽい展開。でも細部まで丁寧に作られていて、セリフもシチュエーションも個人的に好みでした。やっぱ七原さんのシナリオ好きだなあ。

 

 

ある日街中で突然声をかけられたヒロイン。振り返ると、見知らぬ男性からいきなり “髪型が似合ってない” とダメ出し(わお!)。怒って立ち去ろうとしたら慌てて名刺を渡され、彼・美容師緒沢さんにお店のカタログモデルになってほしいと依頼されます。

ナンパのような声のかけ方に思いがけないアヤシイ依頼。無視しようとしても引き下がりません。しぶしぶ話を聞くと、ヒロインを見た瞬間モデルはこの子以外考えられない!とピンと来たんだとか。ふむ。てか単純に好みのタイプだったのかな。

今のヘアスタイルやメイクを変えるだけでもっと可愛くなれるし日常が変わる、それを教えてあげたくて思わず声をかけた。そう熱を込めて語る緒沢さん。

それでも訝しがるヒロインに自分が過去に担当したモデルの写真を見せると、おそらくどの子もびっくりするほど魅力的だったのでしょう、ようやく信用を得ることに成功します。これはあとでわかることですが緒沢さん、実は有名店の指名率ナンバー1美容師なのです。

“変わりたくない?” ――そんな彼の誘いについ心を動かされたヒロインはモデルを承諾。すると撮影前にいろいろ準備が必要だそうで、さっそく明日の夜閉店後の店内で打ち合わせをする運びに。瞬く間に約束を取りつけ、ついでに連絡先も交換し、その日はその場で別れます。

 

押しが強いため冒頭からヒロインにだい~ぶ警戒されてますが、喋り方はチャラくありません。もっとこう、明るくポジティブで人を励ます感じといいますか。第一声こそ毒舌だけど(現実で突然あんなこと言われたら怒るかショック受けるだろうけど)、プロの目で思ったことをきっぱり発言してたんだなと後々思えるし。なんだかんだヒロインにびびっと来たから声かけたわけですし。実質ナンパですよね。お仕事兼ねたナンパ。

これ、もし本当にチャラチャラした男に言われたとしたら「よけいなお世話だYO!」と漬物石とかでぶん殴りたくなりませんか? 私はなる。でも緒沢さんの場合全然嫌味がないのです。覇気があって人懐っこい雰囲気なので。

あと始終クスクス笑ってる感じの語感と、柔らかい語尾が耳に心地よくてですね。そのあたり山中さんのキャラに合わせた演技の匙加減は毎度ドンピシャで素晴らしくてですね……

この明るい声聴いてるだけで生きる気力が沸いてくるし、「そっかー」とか「う~ん」とか「ああ…」とか「ん?」とか相槌打ってるだけで悶えます。この気持ち誰かわかってくれますかアァ!!

 

 

さて。翌日の夜、美容室を訪れたヒロインを歓迎する緒沢さん。「待ってたよ~」「絶対来てくれるって信じてた!」の朗らかな言い方がキュン死にする素敵さ…。

コーヒーと紅茶どっちがいい? アイスとホットは? と細かく尋ねてくるのもよいですね。直後にグラスを置く+氷の揺れる音が鳴る。一見普通かもしれないけど、こういうさりげない細部の積み重ねが作品の質を左右すると思うんですよね最近。…とかいちいち立ち止まって考えてたら進まない。。

お店に残っているのは緒沢さん一人。しかもこの美容室は完全個室。彼と二人きりだと気づいたヒロインは、緊張と警戒心でそわそわ落ち着かなくなります。その様子を見て「マッサージしてあげる!」と緒沢さん。

一瞬身構えた彼女をからかいつつ、手際よく肩や手をほぐしてリラックスさせていきます。仕事柄やっぱりお上手なようで。ハンドマッサージっていいですよね、好きなシチュだわぁ… と思ったらするっと手にキスしてヒロインを驚かせたり、つれない反応に「俺のこと嫌いなの~?」と返答に困る質問をしてきたり。基本パーソナルスペース狭い・スキンシップ多い・手が早い の3点セットです(笑)

至近距離ゆえ、ついでに手やら爪やら唇やらチェックされちゃいます。お手入れサボってるでしょーとか、それはもうズバズバ指摘してきます。イヤアア頼むからそんなに見ないでええぇ!!…とヒロインは取り乱したりしませんが、聴いてるこっちは妙な恥ずかしさを覚えました。なんだろこの感覚。オネエ以外にこんなきっぱり言ってくるキャラあまりいないからでしょうか。

指摘を受けて何かネガティブな言葉を返したヒロインに、

俺思うんだけど、たぶんそういう言い訳の一つ一つが君の自信を失くしてる原因なんじゃない? 少しずつでいいから気持ちも前向きに変えていこうよ

と伝えます。自信がなくうつむきがちなヒロインを励ます魔法使いみたいな(ここのトラック名は【Over the magic】)。実際、完全個室なだけあってカウンセリングも充実したヘアサロンらしく、こういうアドバイスはし慣れているようです。とても自然。

そうこうするうち緊張をほぐして心の距離を詰めてくる緒沢さん。一方のヒロイン、彼にペースを握られつつも、どこまで本気? からかわれてるだけ? とガード堅め。いろいろ言葉を尽くされても「他の子にも同じこと言ってるんでしょ?」と冷静にツッコミを返します。まあそう思いますわな。

すると緒沢さん、女の子大好きなのは否定しないけど、ヒロインが本当に魅力的だと思ったからこそ声をかけたのだと強調。

俺は自信があるよ。君を誰よりも可愛くする自信が

もともとこんなに可愛いんだからうつむいてるなんてもったいないって。ね?

こう見えても仕事に対しては妥協しないタイプなんだよ。だから君をスカウトしたのも、本当に君がいいと思ったから

などなど断言し、明るく真摯な口調でヒロインを励まし続けます。どのヘアカラーや長さが似合うか遅い時間まで検討してその日は終了。

 

 

翌日。刺激を受けたのかファッション誌を読んで勉強中のヒロインの元に、緒沢さんから電話がかかってきます。今度は撮影用の衣装を買いに行こうとのお誘い。用件だけじゃ寂しいのか、もっといろいろ話したそうな口ぶり。「仕事以外で連絡しない」と最初言ってたのにぐいぐい来ますなあ… ふふふ。

そうして約束の日、服選びに出かける二人。道中ヒロインがどんどん可愛くなってると指摘する緒沢さん。もはや挨拶代わりに褒めてくれます。依然真に受けないヒロインですが、プロの意見だから嘘じゃないらしく、たしかにあれ以来メイクや服に気を使って変わりつつある模様。さらに「今付き合ってる人がいるのか」「好きなタイプは」とそれとなく尋ね、おたがいちょっと意識してるような空気も。

で、衣装探しの最中。あるお店で試着することになり、試着室に入ったヒロイン。しかし背中にファスナーがあるせいで一人じゃ着られないことに気がつきます。困った彼女の声を聞き、当然のようにカーテンを開け中に入って来る緒沢さん(!!!)

ぎょっとしたヒロインに「え? 着るの手伝ってあげようと思って」。このしれっと感がすごい。なんてナチュラルなの。そうか、いつもこういう手口で女の子に迫ってるんですか… って感心するポイント違うな。いや待てよ、もしやわざとか、わざとそーゆー服セレクトしたんか~い!

仕方なく手伝いを頼んだヒロインのために、うきうきファスナーを上げようとする彼。するときれいなうなじが見えてドッキリ&息をのむ気配。思わずそのまま首筋にキスを落として…… って、だーかーら手が早いんだってばもう!!

ヒロインの反応にグッと来たのか、続けて息を吹きかけたり耳元間近で囁いたり。わわわ近い近いッ! 音がいいからよけい近い! するとヒロインに「セクハラです」と返されます(笑)。そのまま大人しく引き下がると思いきや、あるポイントでたまらずいっそう接近してくるあたり、、、お、緒沢さーーーん!! 「リップケアちゃんと続けてるんだ」って あなたはもう!! それにしてもこえがちかいですね……ゼエゼエ。

このシーン「おっ」と思ったのは、これだけグイグイ積極的に接近しておきながら、緒沢さんに躊躇の気配があるところ。これ以上はダメ!的に試着室から追い出されたあと、改めてヒロインに話しかけるときの彼の口調が、打って変わってすごーく気を遣ってるというか。躊躇が感じられるんですよね。

そのせいでしょうか、行動に反して緒沢さんに「強引」な印象がないのは。女の子大好きで手も早いくせに、声の印象からチャラいとも強引とも感じない。前のトラックで本当にポジティブかつ真剣に仕事に挑んでる人だってこともわかるし。冗談まじりのセリフも、大概は生真面目なヒロインを気遣い、緊張をほぐすためのものだとわかるし。なんだか不思議なキャラだなあ。一言で言うと、性格がいいんです。『付き合ってはいけない3B』がコンセプトなのにクズさが微塵もない(笑)。これはヒロインが翻弄されるのも仕方あるまい…

 

 

それから何日か経過して撮影前日、美容室にて最後の準備タイム。しかし初回よりガチガチなヒロイン。どうやらモデルがうまく務まるか心配なのと、緒沢さんを意識する気持ちとですっかり硬くなってるみたいです。

そんな彼女の内心を見抜いて朗らかに話しかける緒沢さん。「最近は君のことばっかり考えてる」と一瞬マジな顔で言ったかと思えば、わざと軽口叩いていつものツッコミを引き出したり。本人は可愛いからつい困らせたくなると説明してるけど、そうやって会話することでやっぱりヒロインの緊張を和らげてる気がしますね。一文ごとに表情が変わる感じのセリフ回しがたまらないです。

ところが。カラー後のシャンプー中、目を閉じたヒロインの耳元に「キスをねだってるみたい」と囁きかけ、この間の試着室での出来事をほのめかすと、さすがのヒロインも状況に耐えられなくなり…(たぶんもういろいろ限界だったのでしょう)、「誰にでもしてるんでしょ」とやや真剣に反発します。

ハッとした緒沢さん。そんなわけないと否定するものの、二人の間に少しぎこちない空気が流れてしまいます。

ほんとどうしようもないよね。君の言うとおりやっぱチャラいのかも。距離の詰め方が下手くそだよね、あはは…

とここに来て初めてしょんぼりした様子を見せる緒沢さんなのでした。

 

ここまでがトラック4。全6トラックなのであとは撮影本番を経て、はてさて二人はどうなる!?と気になる佳境ですが、何も心配はいりません。予想を超えて誠実な告白シーンが待ってます。ここはドキドキしながらじ~っと耳を傾けるのみ。文字にするとシチュエーションのよさが消えてしまいそうでもったいないので、あえて細かく書きません。

しかし緒沢さんがここまで必死に、ストレートに気持ちをぶつけてくるとは… なんか無性に照れましたぞ……///(バタッ)

まず無事に撮影を終えたヒロインを労わる彼のセリフ(言い方)がとっても優しくて素敵でした。ヒロインが嫌がってないことを先に確認してから頭をよしよし撫でてあげるとか、うおおん…(ノД`)

その会話の流れから告白――の前に、不意にペットボトルのふたを開けて飲んで、閉めて、息を吐いてって動作が入ります。ここがなぜか鮮やかに印象に残りました。すごくうまい間の取り方。しかもトラック冒頭ちゃんと手元にそのペットボトルを用意するSEが聞こえてたんですよね。さっきも言ったけど、こういう細部まで気を配るって重要なことだし、作品として貴重だなぁと思います。

あとキスシーン。告白前はこわごわ遠慮がち&反省気味だったのに、ヒロインも同じ気持ちとわかった瞬間アクセル全開で2分近く濃厚なキスをしてくるんですよ緒沢さん。「待って」も聞かずにいきなり痕つけるとかちょっっっと!

ちなみにこのリップ音の響き、最高に美しくてエロティックです… さすがのクオリティです…。もはや山中さんのお声とリップ音は三度の飯より好きです…

 

 

ラストトラック、晴れてお付き合いすることになってからの後日談がですね、これまたドキドキするシチュで非常によかったです。このラストが一番お気に入りかも。

個人的に全年齢シチュに求めるのは、全年齢ならではのキュンor癒しのシチュを最大限追求すること。スキンシップやら会話やらで「これは!」と思うような、ささやかだけどオリジナルな何かがほしい。加えてキスたっぷりだともっと嬉しいですが。

トラック6は緒沢さんがはじめてヒロインの家に遊びにやって来る場面。美容指導(室内日焼け対策)とかヒロイン可愛すぎるあまりの独占欲発揮とか、途中まではいつものノリで会話してます。暑い中歩いてきたせいで喉が渇いていて、飲み物ごくごく飲む姿が妙に色っぽいです。

で、そういえば汗かいてる! 抱きしめたいのにどうしよう! よしじゃあ一緒にお風呂入ろう!といきなり提案する緒沢さん → ヒロイン即却下 → じゃあ俺の体洗うのは? → 却下 → じゃあ髪洗って? 服着たままでいいから! 俺は腰にタオル巻くから! と頼み込んでなんとかOKをもらう展開。この二人楽しいなあ

今までヒロインにたくさん尽くしてきた緒沢さんがラストだけ逆にサービスしてもらうって構図がいいですね。シャンプーを終え、濡れた髪のままふと顔を合わせてドッキリ赤面したヒロイン。そんな彼女の反応を見て、最後の最後にスイッチが入っちゃう緒沢さん。この終わり方が最高!! 風呂の壁に押し付け、服が濡れるのもかまわず、降参するまでキスとか。あああなんとも続きが気になるフェードアウト~。この二人の攻防戦どうなっちゃうのかしら。とにもかくにも、末永くイチャイチャお幸せにね!!

 

 

 

そうそう、公式通販で購入すると特典ボイスをゲットできます。専用アプリを入れなきゃいけないし、アプリでしか再生できないのが残念ですが。内容は1-2分あまりの短いシチュ×4つ(おかえり/部屋でイチャイチャ/落ち込み&励まし/看病シチュ)。甘い。優しい。癒されます。こういうのもっともっと長く聴いてたいなあ。いっそ1枚の作品としてほしいくらい!

 

 

 

 

【以下余談】(すみません、ウザいかもしれませんがここでだけ喜びを発散させてください)
この記事を書いてる最中、なんと! キャストサイン色紙が届きました。うわああああ当たったあああああ(*´Д`)

ピンクだ!

 

 

ではでは、ここまでお付き合いいただきありがとうございました!

# 過去記事に拍手ポチポチ&メッセージ本当に感謝です~~(о’∇’)/

 

18
  1. あめ より:

    ●拍手返信
    >もちこさん
    もちこさんこんにちは! 再訪くださってありがとうございますー!(´▽`*)!
    おっ! おおおっ!! 記事読んでポチられたと!? なんて嬉しいお言葉…。少しでも参考になれたのでしたら最高に嬉しいです///

    私も少女漫画大好きです~^^ ドキドキ夢を見させてくれる物語は大人になっても浸りたいですね。これなんかまさにそんな感じの作品だと思います。もちこさんの好みに合うとよいのですが…!

    あ、「エロがなくてもいい」ってのもよ~くわかります。いつでも18推聴きたい気分とは限らないですもんね。むしろ全年齢で癒されたいな~と思う日もあります…(´ー`)

    なるほどー!! シチュCDも漫画みたいに何巻も続いていったら…って、初めての視点です。たしかにせっかく作り上げられた世界観なのに、1枚(アフター入れたら2枚)完結じゃもったいない作品 多々ありますものね…。もちこさんのいう廻ル恋もその恋も本当に! 巻を追って長く彼らを見守れたらいいのにって思いますね~。

    続編もそうですが、そもそも1時間前後の尺だとどうしても駆け足になったり端折られてしまう部分もあるから、各シーンもっと引き延ばして細かいところまで見ていたい気もしますね。なんでもない日常場面こそたくさん欲しい…それこそ全年齢シチュみたいに!

    「SEの積み重ね」のことも、共感いただけたようで嬉しいです。細部こそ萌えるんですよね!! 繊細に作り込まれてるとわかるだけでその作品が好きになります^^

    あっ! サインの件もありがとうございますー(*^。^*)!! 貴重すぎてワナワナします…恐れ多いです。。今年の運を使い果たした気がしますが;; 墓場まで大切に保管します!

    記事に反応くださりありがとうございました♪ またお時間ありましたらもちこさんの好きなシチュとかいろいろお話聞かせてください! お待ちしてます~(^o^)/

  2. あめ より:

    ●拍手返信
    >ゆうさん
    こんにちは! わーまた遊びに来てくださってありがとうございますっ(^^♪

    BBBよかったですよね~~!!! 2回連続で聴いちゃったんですね! 私ももう結構な回数リピってます。山中さんのお声がくすぐったくて素敵すぎるせいでしょうか。
    そうなんですよね、「大人向けとはまた違ったドキドキ」ってまさにおっしゃるとおりで…! 試着室、告白、お風呂とナイスなシーンの連続でした///

    緒沢さん、グイグイ来るのになぜか許せてしまう不思議な魅力がありましたねー。告白前の緊張感もほんとよかったですし、ところどころで一瞬躊躇しかける姿(試着室での「あれ…行きたくない?」とか)に特にキュンとしました^^

    ペットボトルのSEとか細かい部分まで作り込まれていて、その点も好感度大な作品ですねっ。しょぼい感想文で全然魅力を伝えきれてないのですが、最後まで読んでいただけて嬉しいです。こちらこそ感謝ですー!

    「密室取り調べCD」!! EM2さんは温泉擬人化しか聴いたことがなかったのですが、ゆうさんのメッセージ読んで無性に聴きたくなりまして、さっそくポケドラで買っちゃいました。平川さんと江口さんの巻にしてみました!

    もーーー平川さんのあの優しいお兄さんボイスは反則ですッッ(*´Д`*) しかも敬語! しょっちゅう耳元に接近して囁かれるので「ひゃああああ」連続でしたよもう/// でも内容的には取り調べどころか優しすぎて、いい感じに誘導?されてめちゃくちゃ癒されました。これ、くり返し聴きたくなりそうです。平川さんのこのトーンたまらんです…。そしてやっぱり音響がすごくよかったです!

    ゆうさん平川さん推しなんですね~^^ 私は主に乙女ゲーで大っ変お世話になってるのですが、いつも心のこもった色気あふれる演技にひたすら尊敬の念ばかりです…!!!

  3. あめ より:

    ●拍手返信
    >べりさん
    メッセージありがとうございます~~(≧▽≦)!!!
    べりさんにそう言っていただけて恐縮です…うれしいですッ! 最初見たときピンクだ~~と妙に興奮しました(笑)。家宝にします(>_< )

    「一日一錫伊」!!! なんて素敵な表現なんでしょう。茶介さんと作品への愛が伝わってきます…(*´ω`*) ヘビロテしてるんですね! 私もあの本当に隣で喋ってるようなナチュラルでかっこいい上司役大好きです^^

    おおっ 緒沢さんも同じくらいリピってるとは! べりさんのツボに入ったのですね~~(#^^#)フフフ
    そうですね、現実でいきなり髪型disられたらガン無視ですね~。私もたぶん無視して、家に帰ってくよくよ落ち込むタイプだと思います(ダメじゃん) 物語が始まらないし始まってもせいぜいモブ役にしかなれませんw

    ペットボトルのシーンよかったですよね。ほんとそうです、あのとき水(か何か)を飲んで少し間を空けることで、緒沢さんの緊張感が自然に伝わってきました!

    『バカ』は変化球すぎました…(;・∀・) 「超がつく“バカ”」とあって個人的にはどういう種類のおバカっぷりを発揮してくれるか楽しみです。
    べりさんもコンプ予定ですか!連動のキャストトークCDってすでに公開されてるのとはまた別の内容なんですかね~??? 楽しみですね^^

Comment

CAPTCHA