君の声に恋してる 葵 -aoi-

あめ は おそろしい しーでー を きいた

けいけんち が 7 あがった

ちのう が 999 さがった

 

君の声に恋してる 葵 -aoi-

レーベル:GOLD
CV:河村眞人
シナリオ:穂乃みのり
イラスト:アオイ冬子
2018年6月27日発売

公式サイト

登場キャラ:

 

※本日は知能低めの文章でお送りします。

 

ゼーハーゼーハー、げほごほ。あああびっくりした。なんですかこのCDは。ちょっとどうすればいいかわからないくらいえろかったです。えろいというか “色っぽい” かなぁ。どうしちゃったの河村さん!!!と動揺して一時停止して呼吸を整えるくらい色っぽかったです。あの霧か霞のように振りまかれる色気…。は~胸が苦しい。

本作にストーリーはありません。あるのはシチュエーションだけです。このCD自体、『“君の声に恋してる” という名の 胡散臭い サイトでわたし(ヒロイン)がオーダーメイドした 悪魔のような 性愛体験CD』って設定なんですよね。となれば通常われわれが聴くシチュCDとは違ってメタフィクションみたいなもんか。虚構の中に現実があるのでなく、いくら皮を剥いでも虚構しかない。フィクションの次元で葵さんとヒロインのふたりが本当に存在して関係を持ってるんじゃなくて、ヒロイン視点でも葵さんはCDの中の架空の存在、というわけ。…あまりじっくり考えると虚しくなりそうだからやめておこう。。

ていうかあれだろ、つまり夜のおともに使えとかそういうことなんだろ! それ特化の製品なんだろGOLDさん! まどろっこしいこと全部取っ払った欲望に忠実なその姿勢、いっそ清々しいわ!!

しかしキャスト頼みもいいところなシリーズですよね~。これといった筋もないイチャイチャを何種類も通しで見せられる演者なんて限られてるじゃないですか…。特典含めて計7回(未遂含む)とか、なんてこった。河村さんおつかれさまでした。本当に本当におつかれさまでした。

最初は正直、内容的にどうなんだろうと。シチュエーションオンリーで果たしてどのくらい浸れるのかと、少し心配でした。でもそんな懸念は開始しばらくして吹き飛びました。そうだ、そうでした。ヒロインが指名したこのホスト…じゃなかった、オーダーした葵さんは、優しく穏やかな年上上司系』(敬語装備)なのでした。それって河村ボイスに一番ぴったりな属性じゃないですかああ! 製作スタッフよくわかってるなぁ(笑)

河村さんの上司役といえば、誘惑白洲さん/抱か恋青葉さん/ルジュノワ真壁さん/執着eyeの坂上さん/ラビハン椎名さん/おやすみ彼氏の周防さん…と多々思い浮かびますが、優しさ穏やかさ包容力では今回の葵さんがぶっちぎりで1位ではないかと思いました(厳密にいうと葵さんは上司ではなく上司だけど)

それ以上に嬉しい驚きだったのがシチュエーションです。本編4種、特典3種、個人的にはひとつもハズレがなかったです。このシチュもあのシチュも非の打ち所がないくらい好き。何度も「あああああ゛」と変な声が出ました。セリフもさりげなくツボをつきまくるし。シナリオライターさんいいなぁ。

まあ一番重要なのは、ストーリーがあろうがなかろうが河村さんは河村さんで、ただ喋ってるだけで十二分に素敵だということです。なのでこの作品のタイトルは真理である。以上。我ながら単純すぎる。でもこれは河村さんが悪い。河村さんがあまりにも色っぽいのが悪いんです! 特に今作、とってもソフトで優しいトーンに加えて、なぜか異常に色香が溢れるボイスだったんですけど、先月の曽根井さんに引き続き一体何があったんでしょーか~~ッ!!!!

 

前置きはこのくらいにして本題に入らなければ。しかしいま言ったとおりまともなストーリーがないので、どう語ればいいんでしょうねぇ。構成としては最初と最後に葵さんからメタっぽい “ご挨拶” が入るほかは、17分前後の各種イチャイチャシチュが淡々と繰り返されるのみです。各シチュの終わりに1分程度の “インターバル” が入るけど、事後の甘々なセリフばかりで全然休憩にならないし(笑)。要は全編、恋人設定の二人が会社や自宅できゃっきゃうふふ。それだけです。

それだけ、なのに…。これがまた最高にえっちで可愛らしいカップルなんです。穏やかで甘やかし上手でちょっとお茶目な葵さんと、恥ずかしがりと思いきや時に積極的で、いちいち反応がかわいいヒロイン。※正確にはこのCDをオーダーしたヒロインではなく、CDの中のもう一人のヒロインです。っていい加減うるさいわ自分。

なにこのカップルときめきMAXやん…。というわけで、個人的にときめいたポイントを列挙していこうと思います。

 

 

エレベーターにて

オフィスのエレベーターに乗り込んだ葵さんとヒロイン。何か大きな仕事が一段落ついた直後らしく、二人きりの状況下で安堵した表情を見せる彼。ヒロインの労をねぎらっていると、突然エレベーターが停止し視界が真っ暗に。復旧を待つあいだ、葵さんは怖がるヒロインの手を握り、安心させるような言葉をかける。そして “怖さを忘れるおまじない” と称して優しくキス。だんだん熱くなって体のあちこちに触れていく。※ヒロインが手でされるのみのシチュです。

ポイント
  • 密室、暗闇
  • ずっと左隣の間近から優しく声をかけてくれる(左耳特化なシチュ)。低めの甘い囁き声
  • 葵さんが奇妙なくらい冷静。まっったく動じない(笑)
  • ヒロインが暗闇を怖がって葵さんにぎゅっとしがみついたり、キスを欲しがる様がかわいい
  • 普段職場では見られない彼女の姿に葵さんは嬉しそう。かわいいかわいい言いながら、あやすように愛撫する
  • 最初のささやかなリップ音から、しだいに熱量が上がっていく感じがよい
  • だめ、がまんしないの」と「いいこ」の言い方…!!

 

オフィスにて

誰もいないオフィスで一人で残業中のヒロイン。そこへ葵さんが「忘れ物を取りに」戻って来る。仕事に対する熱意を褒めつつ、あまり根を詰めすぎては心配だと至近距離で囁くと、ヒロインは顔を赤らめる。その反応を見てほんの少しSっ気が出てきた葵さん。最近ご無沙汰だったらしく、ヒロインをデスクに押し倒してキス。優しくからかう言葉をかけ、そのまま誘うように開始。自分は椅子に腰かけてヒロインにその上に乗るよう指示。エレベーター篇とは逆に明るい電灯の下、相手の表情や姿をたっぷり眺めながらイチャイチャ。

ポイント
  • 今度はひたすら右耳間近
  • してほしいですか? 残業おつかれさまでしたのキス」→コクリ→しばらく優しいキス→「…おつかれさまでした。がんばりましたね」って、ひゃああああもう!!(粉砕)
  • でも…ごめんね。止めるのは無理です」の “ごめんね” も自然でいいなあ
  • 押し倒して以降の囁きや掠れ声がびっくりするほど色っぽい。すごいです、耳元へのこれは。囁きの中の吐息含有量が今までの3割増しに感じる
  • かわいいかわいいと愛おしそうに囁く
  • 悪い上司でごめんなさい
  • ヒロインに指示するといっても語感がむちゃくちゃ優しいので、指示というより導いてる感じ

 

寝室にて

前半2篇がオフィスなら後半2篇は自宅シチュです。ベッドで寝ている二人。眠る葵さんにヒロインがそっとキス。ゆっくり目を覚ました彼は嬉しそうに微笑みながら先を促す。ヒロイン、キスを頑張る。葵さんは優しくヒロインを導いて受け止める。落ち着かなくなってきた彼女に自分の手を取らせ、どこに触れてほしいか教えてもらう。いつもより興奮しているのか、手で愛撫されすぐ達するヒロイン。その表情を彼に見られていたのが恥ずかしいのか、今度は少し積極的になって葵さんとイチャイチャ。

ポイント
  • まず寝息から始まる。
  • ヒロインからキス(甘えたい・おねだりの意)…って最高じゃないかーい!
  • よくできました
  • 最初攻められて恥ずかしがってると思ったら、自ら葵さんに触れだすヒロイン
  • さらに自ら挿入して動くヒロイン
  • そんな嬉しそうにしないの
  • 終盤体位を変えて激しくする葵さん。寝バッ…
  • 事後「背中、汚しちゃいましたね」→きれいに拭く→「…でも実は僕も結構好きですよ、君にこうやってかけるのが」って、ちょっ! ちょっっ!!! 冗談めかしてるけど実は結構Sだのう! ここのヒロインの返しも好き。
  • このトラックに限らずリップ音も耳攻めも今まで以上に水っぽくて、喘ぎもとにかく艶っぽいです。そろそろ限界です……

 

キッチンにて

朝ヒロインがキッチンで料理していると、葵さんが隣にやって来る。さりげなく味見をねだって、ヒロインにスプーンで「あーん」してもらう定番タイム。それだけではもの足りないらしく、今度は直接口移し。よい雰囲気になってくる。キスや愛撫を続けたあと、キッチンの壁にもたれて立ったまま…。途中でヒロインだけ台に座らせ、さらに深~くイチャイチャ。

ポイント
  • 河村さんの食べる演技かわいいよね
  • 少しうきうきしながら味見する様子がお茶目
  • 髪や首筋に順にキスしていくシーン、囁きがめちゃくちゃ甘ーーーい!(それ以降も!)
  • ヒロインの反応のよさに「昨夜しすぎたかな」と考察(そうなんですね)
  • …ほしいの?」の言い方! 言い方があああああ!!! KOREWAYABAI!!!
  • してるとき頬を撫でられるのも好きですか?」とか、ヒロインを愛おしみすぎである。完璧な愛情表現
  • さいご、いきかたはげしめ

 


 

 

さて、本編の次は各店舗特典です。え? もういい? すすすみません、できればもうちょっとだけお付き合いくださいませーm(__)m

特典もいいシチュばかり、というか本編よりも濃ゆい内容で全部買ってよかったー!と思いました。特におすすめはアニメイト版。すべて20分越えなのもすごいにゃ~。

 

ステラワース特典:「左耳特化」葵の指示で電話で…… (23分)

夜、自宅で葵さんの訪問を待っていたヒロイン。あわてて電話を取ると、遅刻を詫びる彼の声が。久々に会えるのを心待ちにしていたけれど、どうやら到着までもう少しだけ時間がかかるとのこと。ここでヒロインがかすかに拗ねてるのに気づき、ふだん遠慮がちな彼女が発する『会いたい』オーラを嬉しがる葵さん。

会ってどうしたいですか?

他愛のないおしゃべりをして、おいしいものを?

…それだけでいいんですか?

葵さんが「したいこと」、すなわち艶めいた内容のセリフを電話口で囁かれ、恥ずかしがるヒロイン。その反応に追い打ちをかけるように、さらに熱っぽく囁きまくる葵さん。んで電話シチュといえばお約束のセルフ指示が始まるわけです。それはもう優しいソフトな口調で。彼のレクチャーに従いつつも、ヒロインはたびたび「葵さんじゃなきゃいや」と寂しがります。

ところがその最中フッと切れる電話。一人取り残されたヒロイン。と思いきや、葵さん本人が突然部屋に登場します(ほらキター!笑)。驚くヒロインの手を止めさせずそのまま自分も彼女の体を愛撫。なんでもさっきは到着した車の中から電話していたんだそうで、ヒロインが電話に出るのがあまりに早かったため、ついもう少しだけ焦らして反応を見てみたくなったとか。い、いじわる…! でもそんなふうにくすくす嬉しそうに説明されたら全然いじわるく聞こえません。お手上げであります…。

あとはもうひたすら甘々なイチャイチャ。今までも寂しいときは自分でしていたの?と訊かれ、「してない」「葵さんがいい」と返すヒロイン(さっきからその返しは最高じゃないかしら…!)。いったばかりのヒロインをさらに激しく突いて、「大丈夫、怖くないですよ。気持ちがいいだけです」とあやすように囁いて煽る葵さんが、やはりおそろしく色っぽいのでした。

 

アニメイト特典:「右耳特化」看病シチュエーション (26分)

風邪で休んでいたヒロインの元に仕事終わりの葵さんがお見舞いにやって来ます。寝顔をそっと眺めていると、目を覚ましたヒロイン。すでに熱は下がったけど仕事が原因の体調不良だったらしく、プライベートではもっと甘えるようにと優しく念押しする葵さん。

汗をかいたヒロインのため、後ろから包み込むように抱いて上だけ脱がせ、濡れタオルで体を拭いていきます。いやらしい目的じゃなく、本当に親身にお世話している雰囲気が素晴らしい! …と思いきや、されるがままのヒロインを愛おしんでついつい首筋にキスしちゃう葵さん。「あ、ごめんね。またしちゃった」(2回目) って、それはわざとなんだな、わざとなんだなーッ!??

そんな他愛ない悪戯を受けてたまらなくなったのか、彼の方をじっと見つめるヒロイン。ここで「どうしてそんな目で見つめるんです?」という葵さんのハッとしたようなリアクションと、甘えていいと言われた今甘えたい!とサインを送るヒロインの素直さ。どっちもたまらねぇです。ぐはあ。。

で、その体勢のまま開始。「たくさん甘やかしてあげます」の宣言どおり甘々です。背後からたっぷりキスしつつ上半身に触れたら、お次はすべて脱がせて再びタオルで… って、いやらしいことになるに決まって~る!!(もう死ぬ…)

どうしてほしいか訊いても恥ずかしがって答えないヒロインに、葵さんが「元気の出るお薬、ほしいですか?」→「…ちょっと変態っぽいかな(笑)」と自分でツッコミ入れるくだりがあまりにも自然で可愛くて悶えました。可愛いというか、なんかもうワナワナする…///。さらに顔を近づけてもう1回「おくすり、ほしいですか?」ですよ?? 変態要素が希薄なキャラが不意にこういうこと言うとすごい破壊力なんだなああ。(もう死んだわ…)

挿入後、すぐに動かずぎゅっと抱き合ってる描写も素敵でした。お互いの体温や匂いが心地よくて、安心したような声で「うん、落ち着くね」と…。はわわわわ、わわわわわ//////  でも結局ヒロインの方から焦れて動き出すので、甘やかしてリードしてるはずが微妙にペース握られてる感じの葵さんなのです。

ヒロインが先に達したあと、脚を撫でたりしてもう一度煽るのですが、そのうち彼の方で自制が効かなくなり、体位を変えて激しく。息づかいも高く乱れていきます。最後はヒロインからのキスでトドメを刺されるという展開。すごい。理想的なシチュでしたー…!!!

 

アニメガ特典:夜のデート(24分)

初めて来たバーで飲む二人。一見ふだんと変わらぬ調子に見えますが、いいお店でヒロインと一緒においしいお酒を味わえて、ほんのり上機嫌な葵さん。薄暗い店内でナチュラルに太ももに触れたりキスしてきたり。その反応は僕だけのもの…と囁いて、初っ端からなにやら熱く濃密な雰囲気です。

それから早々に店を出て、家に帰るまで待てずラブホに駆け込みイチャつきます。熱くキスしまくり、愛撫もそこそこに挿入するあたり、やっぱり少し酔ってるみたいですね。で、しばらく浅く突いて焦らしていたら、ヒロインはたまらず涙目になります。どうやら焦らしすぎたようです。。その後葵さんの指示で騎乗位に変わったところ、焦らされていたぶん自ら激しく動きだすヒロイン。

そんな彼女の積極性に動揺するかと思いきや、葵さんは「こういう姿を見たかったんですから」と嬉しそう。つまり確信犯だったんですねー! 実はヒロインを焦らしに焦らすのがお好きなんだそうです。って他の特典見てもその嗜好をお持ちなことはひじょーによくわかりますが(笑)

今回もヒロインだけ先に達して、2回目は葵さんから激しく…というパターン。事後、抱きしめたいのは山々だけど汚れてるからダメと言われたヒロインが、自らお掃除フ○○を始めたのにはビックリしました。これには葵さんも本当にあわあわ。でもそのおかげで最後はぴったり抱き合えます。この、頭を撫でながら愛を囁くラストがよかったな~~。仲良しだな~~。

あれ? そういえば本編含めこれだけ何回もイチャイチャしてるのに、オーラルはこの場面だけでしたね。葵さんからヒロインにするシーンは一度もなかったなあ。シチュCDでは珍しい気がしますね~。そうか、そこは葵さん、サービス対象外なのか(笑)。いや単にシナリオライターさんの主義なのかもしれませんけど。

(※追記: というかこのシリーズのコンセプトは『耳特化型』『アナタの耳を特に愛しちゃうCD』『囁き攻め』だから、ダミヘから遠ざかるようなプレイはそもそも採用してないってことですね。そーだ、そういうことだ!)

 


 

 

こう見るとシチュエーション自体はわりとノーマルで定番ですね。実際今までの河村さん作品でも似たようなシチュをいくつも見たことがあります。が、似てるけど違う。キャラやセリフや細かいニュアンスに新鮮味があり、「これ最高やん!!」とやたらと興奮してしまいました。あと本編冒頭『リードするのが好き』との発言がありましたが、リードといってもぐいぐい来るんじゃなくて、さりげな~くソフトに導いてる感じがよかったです。全編おまかせではなくヒロインからする描写があったことにも満足。そして(何度もしつこいですが)河村さんの確実に進化してる甘い囁き声とリップ音の嵐に瀕死状態でした。ああああ。。。

一点だけマイナスを言うと、最中のSEがイマイチかなぁと。単調でチープな水音。でもまあ同日発売のもう1作に比べればマシでしたし(笑)、なにより内容が素晴らしいのでほとんど気にならないレベルではあります。

ちなみに右耳と左耳、みなさんはどちらが好みですか? 私は断然右派…だったのですが、この作品を聴いてもう近ければ何でも嬉しい!と思うに至りました。

 

 

は~。新作これだけいろいろある中でまさかこの作品を真っ先に語ることになるとは。いや他はまだほとんど聴けてないんですけどね。。しかしこのペースじゃ6月いつまでたっても終わりそうにないな…。もっとさくさく行かねば、さくさく!

よろしければまた次回もお付き合いください~(=゚ω゚)ノ

 

# 前回の記事に拍手やメッセージありがとうございました^^ 書いてよかったですー!!

 

25
  1. あめ より:

    ●拍手返信
    >こばさん
    こばさん、こんにちは! いつもメッセージありがとうございます~~m(*_ _)m

    「敬語とタメ語の絶妙なバランス」! おお、それですまさにー!! 敬語の間に時折挿まれるタメ語がすごく効果的ですよね。聞けば聞くほどこんなセリフがいい作品あまりないかもしれない…とか(個人的には)思い始めてます。。
    掠れ声も最高でしたね。オフィス編の「え?忘れ物?」とか/// しかもあのボイスで「かわいい」連発はズルいです(/д\)ほんと曽根井さんに比べたら全然ノーマルなのにあの色気ったら。一体どういう魔法なんでしょうね(笑)!

    こばさんは左耳派ですかー^^ あ、いいですよね電話!! 私も通話中からいきなり帰宅するシチュ大好きです。ステラ特典、絶妙に甘いイジワルで、最初から最後までもはやご褒美でした…!

    わ、6月いっぱい購入されたんですか? まだ全部は聴けてないんですね~;; こばさんもきっとお忙しいのではと思いますが…。シチュCDって1作で1時間前後とか意外と時間を要するし、やっぱり落ち着いてる時にこそ聴きたいな~って思っちゃいますね。。

    あああっっ きゅんとま!!! きゅんとまの情報をありがとうございます!!!! 買います!(早)
    以前「24時間~」でちょっと不安になってしまってとりあえず今回予約は見送ってたのですが、でも深川緑さんだからめちゃくちゃ聴きたいし…!と悩んでおりました。。買います、ありがとうございます! リョクさんのイチャラブってあまり見たことない気がするので楽しみすぎます(*´ω`*)

    はい!また次回も更新がんばりますね。こばさんも少しでもシチュCDライフを楽しめますように…♪

  2. あめ より:

    ●拍手返信
    >彩さん
    彩さん、はじめまして(*’▽’*) あめと申します。拍手とメッセージありがとうございます!

    いつも読んでくださってるとは、あああ。とてもありがたいです。拙い感想ばかりでお恥ずかしいかぎりです~~(>< )

    そうなんですね、去年からシチュCDを! なにかハマるきっかけがあったのでしょうか?^^
    実は私も聴き始めてせいぜい3年くらいで、まだ知らない作品も結構ありますし、感想も全然書けてなくて…。チョイスの偏ったブログで恐縮ですが、わずかでもお役に立てているのでしたら嬉しいです!

    一言残していただき本当にありがとうございました。元気づけられました! よろしければ今後も遊びにいらしてくださいね。ご意見やリクエストなどもあればぜひぜひ!

  3. あめ より:

    ●拍手返信
    >べりさん
    べりさん~~! こんにちは(≧▽≦)
    すみません、眠いなかありがとうございます! このメッセージ以外は何も届いてなかったですよ^^

    まじですか、ポチっちゃいましたか! うわ~~記事読まれて即というのが嬉しすぎますが(ありがとうございます!)、ドキドキです…べりさんの好みに合うといいなあ……。おまとめなら月末のお楽しみですね。看病シチュ、個人的にはめちゃくちゃオススメです★

    そして「初恋」についてもありがとうございます! あらら、SEが気になると…。しかも日常もラブシーンも両方ですか。それは物語に集中できなくなっちゃいますね。情報量の少ないシチュCDでSEはほんと大事な要素なのに! 私も結構細かい音が気になる方ですが、SEが完璧な作品ってなかなかないですよね~。多少おかしな部分があっても脳内修正できるけど、あまりにツッコミどころ満載だとそれだけでもう…って感じです^^; もちろん、違和感ないよう編集するのって技術的に難しいことなんでしょうけれど。。

    気になって調べてみたのですが、お話としては最初ヒロインと付き合わなかったけど、その、しちゃった?んですね…??? 逆に詳細がすごく気になってきました。そのうち購入するかもしれません(笑)。テトラさんの演技目当てで! あ、30歳の設定なんですね…ふむふむ( ..)φ

    貴重な情報ありがとうございました。作品情報はほんと大歓迎です!! いろいろ伺えて嬉しいです~~(*´ω`)

  4. あめ より:

    ●拍手返信
    >みおさん
    わ~~!! みおさんこんにちは、またご訪問いただき光栄ですー(*^▽^*)!

    わわ、ほんとですか! いつも「同じ作品聴いた人に共感してもらえたら嬉しいなあ」と思いながら書いてるので、そう言ってくださってめちゃくちゃ、めっっちゃくちゃありがたいです…(T T) 駄文ですが最後までお読みいただき、しかも一言残していただきありがとうございます!!

    おおっ特典コンプの勢いですね! いい作品に出会うと後から買い足したくなるの、よくわかります(*´ω`)b
    ステラ版の葵さん、声色はとびきり優しくて真剣なのに、やってることはちょっぴりイジワルで、でもやっぱりヒロインを可愛がりすぎで。絶妙な葵さんっぷり(?)でしたよ~~!!!

    そうですよね、この作品セリフがどれも素敵で、さりげなくツボを突かれますよね~。全然わざとらしくない自然な言葉のチョイス、でも愛情がたっぷりこもってるのも伝わってきて…。河村さんの表現も完璧すぎるくらい完璧で…。もう、叫びたくなるくらいでした。あの囁き声いつまでも聞いてたいです/// この作品に出演してくださって本当によかったああ!!!

    しかし河村さん、何があったんでしょうね一体… ますます色気アップでおそろしいくらいですよね(笑)

    はっ、私もつい語りすぎてしまいました;; すみません。嬉し楽しいメッセージ本当にありがとうございました。ぜひぜひ、気が向きましたらまた遊びに来てくださいね~(´▽`*)

  5. あめ より:

    ●拍手返信
    >ゆうさん
    こんにちは~! 拍手もメッセージもありがとうございますっ(*´▽`*)ワーイ

    おおお、ゆうさんの好みド真ん中の設定が来たんですね~! やったー!
    いいですよね上司とか会社とかデスクとかエレベーターとか(笑)。私もオフィスシチュ大好きなんです…! 蓋を開けてみればシナリオ(と言っていいのかな?)が想像以上に素敵で、河村さんの上司役&囁き攻めも破壊力満点で…最高でしたねえぇ/// 大好きな作品がまた一つ増えてひじょ~に幸せです!

    あ、ゆうさんは左派なのですかー! シチュCDで自分の利き耳に気づけますよね。両耳だったら一番おいしいのになぁとか贅沢なこと思ったり(笑)。ときめきポイント、近かったようで嬉しいです~(#^^#) あの「ごめんね」の熱のこもった響きはほんとグッと来ますよね……!!!

    GOLDさん、最近SEがちょっと残念で。。他の作品もだいたいあんな音ですが、Darkは声とのタイミングがよく合ってたと思いますし、ラビットハントもそこまで気にならなかったですよ♪(あくまで私の感覚ですが^^) しかしNight of Pains は一体どうしてああなっちゃったんでしょうね…(苦笑)

    わーーー彼癖智哉さんも購入されたんですかーー(* ゚Д゚*) しかも私のアホな記事でご興味を持たれたと…! ううう感激です…(泣)
    もう、河村さんのコミカル演技に笑いが止まりませんよね! ゆうさんのおっしゃるとおり、あのはっちゃけっぷりにも関わらず濡れ場はしっかりエロスなのがスゴイです~。妻にべた惚れで優しいところもいいですね。ジェットコースターのようにいろんなトーンを聴ける作品で、 河村さんの役者魂すごいなと改めて実感します^^
    ちなみに私は「ペ〇〇〇させてくださいッ!!!」の絶叫直後に始まるエロすぎる舐めっぷりが好きです~(笑)

    こちらこそ、感想共有できてとても嬉しいです。楽しいメッセージ本当にありがとうございました! 読んでてニヤニヤうきうきしちゃいました。
    今後も少しでも購入の参考になれましたら幸いです。更新がんばりますね♪

    1. ゆう より:

      SEの件、作品ごとに教えてくれてありがとうございます。
      そうですか!それほど気にはならないんですね。購入を予定していたので…安心しました^ ^

      1. あめ より:

        こちらこそご返信ありがとうございます。
        わ~~購入されるんですね、ぜひぜひ! ただ、私はOKだったのですが、もしかすると人によっては気になってしまうかもしれません。他の方のレビューを漁ったところそういう意見もあったので。。もしもゆうさんのお気に召さなかったら本当にごめんなさい、ご容赦ください~~~!!!m(__)m

Comment

CAPTCHA