独り言ですが…

今日は雑談…というか独り言です。今抱えている自分の感情を整理したくて。すみませんが適当にスルーしていただけると幸いです。

 

※あくまで私個人のシロート的見解です。他の方に強制する意図はまったくありません。

 

 

 

2018年9月のKZ Entertainmentの新作を、私は購入しません。

 

この件については的確な正論を上げてくださった方がいるので、もし事の経緯も含め詳細を知りたい方はTwitterで探してみてください。(自分には状況を整理して正確に批判する能力がカケラもなく… ただここ数日ぐちゃぐちゃ考えてただけです)

 

 

もし本当に発売されてしまうのであれば、たとえ推しの出演作でも購入しないし、このレーベルの作品は今後一切購入しないつもりです。もちろん抗議の意味を込めてです。今後も別のキャストで似たようなことが起こる可能性が高いですし。

 

 

演者がよけいな被害を被るのではないか…。それが最大の不安です。批難されるべきは言うまでもなくレーベルです。演者は与えられた役を演じることが仕事。だけど、この作品が発売された場合タイトルと並び最も目立ってしまうのは、会社名やシナリオライターの名前などより、声優名でしょう。それがどういう事態をもたらすか。特にこのジャンルをよく知らない人たちの目についたら……

 

 

18推シチュCDって今のところ規制がないから「18歳以上推奨」なんて曖昧な表現をされてるけど実質アダルト。中の人には表の活動もあることを重々承知のうえで、作り手と受け手の暗黙の了解(マナー)のうえに成り立っているデリケートなジャンルだと思います。

一介のシチュCDファンとしては、今後も各社から素晴らしい作品がたくさん発売されることを願うと同時に、無用な注目を浴びずアングラ的にひっそり発展しつづけてほしいなとも思ってます。

 

 

言いたいことは、例の新作が発売中止になってほしい。それが一番。ならないのであれば、この作品が演者とシチュCD界全体に不利益をもたらさないよう心から願ってます、ということです。願うばかりでシロートオタクにはどうすることもできないのが歯がゆい…

 

 

 

つかもうハッキリ言って、こんな不謹慎で非常識極まりない作品に出演しなければならないキャストのことを考えるとつらい。。あまりにもつらいし、不安やら心配やら膨らみすぎて頭おかしくなりそうっす…(_ _)←ガチ

 

すべて杞憂に終わればいいなあ。

 

 

Comment

CAPTCHA